2018年1月9日火曜日

月例「下町はしご酒の会」森下・菊川編③ 「高橋のらくろ~ド」の 焼鳥「鳥長」でおすすめのとり皮煮込みと焼鳥で仕上げ

二軒目のみたかや酒場が、同僚たちは気に入らなかったようなので、気分を変えて三軒目。
再び「高橋のらくろ~ド」に戻って、商店街にある焼鳥の人気店鳥長(とりちょう)にチェックイン。
酒場放浪記で吉田類さんも訪ねたお店です。


鰻の寝床のような細長いお店。
入口の狭いカウンターを抜けると奥が広い小上がりになっています。


アルコールの種類は豊富ですが、ホッピーは無いようです。
とりあえず、瓶ビールを頼んで分けることにしました。


サッポロの赤星がありました。
突き出しはイカのたらこ和え。
いい感じのリスタート。


今日三度目の乾杯。


焼鳥屋といいながら、一品も充実。


豚モツも鰻もあります。
実はこの店は鰻も自慢。


あれもこれも食べたいですが、三軒目とあって、もうお腹に余裕はあまりありません。
厳選の末、おすすめのとり皮煮込み焼鳥を頼みます。


とり皮の煮込みというのは珍しいです。
濃厚な味噌仕立て。
しっかりのった脂の加減も、皮特有の食感もナイス。


串焼は、上やきとりぼんじりなんこつにしました。


アルコールは角ハイボールをお替わり。


またまた乾杯です。


そういえば、今日はたまごを食べていません。
やはりおすすめの自家製厚焼玉子を注文。


三人で食べやすいように、三つに切ってくれていました。
心遣いが嬉しい。


出汁の効いた玉子焼きにほっこり。
今日のノルマは達成です。


ついつい仕事の話になり、アルコールを更に注入。
酎ハイを頼みます。


無事三軒の下町酒場をはしご。
本日は合計で5,000円を少し切る金額のセンベロとなりました。
来月の月例が、今から楽しみです。




関連ランキング:居酒屋 | 清澄白河駅森下駅菊川駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.4