2018年1月7日日曜日

新年初ライドは本埜「白鳥の郷」へ。お楽しみのサイクリングランチは印西のロードサイド食堂「ふたご亭」でカキフライ&チキンカツ定食

今日は、冷え込みが厳しいものの良い天気。
愛車cannondaleを転がして、印西市本埜の「白鳥の郷」へ向かいました。
印旛沼サイクリングロードは冬景色。


空気が澄んでいるので、遥か彼方の筑波山もくっきりと見えます。


風は冷たいですが、日差しは柔らかです。


20キロ強走って、白鳥の郷に着きました。


今年は現時点で856羽が来ているそうです。


あいにく近くの別の場所に遊びに行っているようで、ここにいる白鳥はわずか。


ボランティアの方が提供してくれる甘酒で温まりました。


帰りはお楽しみのサイクリングランチ。
今日は印旛沼湖畔にあるロードサイド食堂、ふたご亭へ。


表には黒板に書かれた日替りのメニュー。


以前来た時に勝浦タンタンメンがあるのを知り、次回はそれをと思っていたのですが、今日はカキフライ&チキンカツ定食というメニューを見て、ロックオン。
カキ好きの私にとっては、避けて通れない道。


お客は私だけ。
火を起こすところから始めたようです。
もしかして私が口開けの客だったのかもしれません。


15分ほど待って、出てきました。


出てきた料理を見て、ここは盛りが多いことを思い出しました。
ジャンボなカキフライとチキンカツが二切れずつ。


ご飯はお茶碗とはいえ、山盛り。


大きなお椀に入った味噌汁。
味噌汁マニアの私も満足のボリュームです。


一品は素朴なきんぴら。


お新香は白菜漬け。


まずはカキフライから。
ソースをかけて。


得意のオン・ザ・ライスも難しいジャンボカキフライ。


プリプリのカキをコーティングするHARD&THICK系の衣。


チキンカツはどう見ても二人前。


これもソースを垂らして。


オン・ザ・ライスにしようと思いましたが、お茶碗よりも大きいので断念。


二口ほど口齧って、ようやくローンチできました。


ご飯は残り少なくなりましたが、まだチキンカツが一枚残っています。
なかなかタフなランチ。
なんとか寄り切りました。


壁に貼られたメニューをチェック。
次回こそは勝浦タンタンメン、と思っていましたが、皿カレーら~めんが気になりました。
しかも三段階で激辛にもできるようです。


超満腹で動けないほどでしたが、なんとかペダルを漕いで自宅へと向かいます。




関連ランキング:定食・食堂 | 印旛日本医大駅大佐倉駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.2