2017年10月14日土曜日

京橋の夜はホルモン焼き。立ち飲みストリートの「ホルモン 徳いち」で気持ちのいい接客と絶品ホルモンをセンベロ価格で

大阪旅行初日の夜は、宿を取った京橋で。
お昼ご飯を難波のお好み焼き福太郎で食べたのが14時。
まだ3時間しか経っていませんが、明日のUSJに備えて早寝しなければなりませんから晩ご飯も早いスタート。
今食べれば、胃袋もランチの続きと錯覚してくれるでしょう。


渋い立ち飲みが並ぶディープエリア。
京阪沿線育ちの私には昔からなじみ深い光景です。


そんな立ち飲みストリートを東に向かって歩くこと3分。


ホルモン焼きが軒を連ねる一角。


今日の狙いはホルモン徳いち
大阪赴任時代の肉好きの友人から教わっていた店ですが、初訪問。


300円~400円という低価格。
しかもネタがいいと評判です。


幸い行列はありません。


カウンターだけの「ひとり焼肉」の店。
もちろん1人で無くてもいいのですが、4人は難しいでしょう。
妻と私は、1人しか入れないであろうスペースに店員さんが無理やり椅子を突っ込んで2席作ってくれました。
両隣のお客さんにお礼を述べてから着席。


油の滲みた短冊メニューや壁の色に期待が高まります。


もちろん排気設備はありません。
開けっ放しのドアからの自然換気。


古い店ですが掃除は行き届いているので、清潔です。
綺麗な網をセットしてコンロに火をつけてくれます。


まずはドリンク。
私はメガ角ハイボールを注文。
500円


妻は生中
今日の昼も飲んでいましたが、大丈夫なのでしょうか。


早速焼いていきます。
ホルモンがわからない妻に代わって、私が発注。
まずはミノサンド


キムチも頼みます。


網にのせて。


脂ののったミノサンドは、コリコリとしつつも柔らかく、質の良さを感じます。


続いて中落ちカルビ
この店では希少な正肉。


ひとり焼肉なので一皿の量が少ないのですが、二人だと更に種類も色々と食べられるのが嬉しい。


これは旨い。


すじ肉


脂がしたたり落ちて、実に旨そうです。

video

上ハラミ
私の大好物の部位ですが、この店では最上位価格帯の600円台。


肉は何度もひっくり返してはいけません。
「肉をいじるな!」
と西成の政ちゃんに教わったことを忠実に実行します。


ジューシーかつ程良い歯応え。
堪らない旨さ。


2杯目のメガ角ハイボールも進みます。


ここで何と妻はご飯を発注。
コメ好きなのです。


好物をもう少し。
肉厚な塩ハート
これは見ただけで間違いないとわかります。


焼けるのが待ち遠しい。


肉汁が表面に浮いています。
これくらいがベスト。


生キャベツをお替り。
こういうサービスの良さは大阪ならでは。


ツラミ
東京ではなかなか食べられません。


やや固い部位ですが、独特の食感と旨味があって私は好き。


もうちょっとだけ食べたい気分。
ホルモン盛り合わせで締めることにします。
何が出てくるかはお楽しみ。


ハート、ミノ、アカセン、センマイなど。


角ハイを舐めながら焼けるのを待ちます。
外にはいつの間にか行列が出来ていました。


家族経営なのか、カウンターの中で接客する女性陣と肉を捌く男性陣の呼吸もぴったり。
開けっ放しのドアから入ってくる外の風も心地良い店で、安くて旨いホルモンを堪能して、気になるお会計は二人で4,570円
もう一軒行きたいところですが、妻は満腹だと言います。
コンビニでアルコールとつまみを買って、ホテルの部屋で仕上げましょう。
明日は早起きです。




関連ランキング:ホルモン | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅


週末の大阪旅行の最初の食事は関空からのダイレクトインで「福太郎 なんばダイニングメゾン店」のすじねぎ焼きと餅チーズ玉お好み焼き

今日は朝のLCCで大阪へ。
年寄夫婦で明日USJに遊びに行くのです。
往復の航空券も宿泊するホテルも4か月前に予約し、エクスプレスパス7まで事前購入。
準備万端ですが、天気予報はあいにく降水確率100%。


関空から南海電鉄でなんば駅へ。
そのまま高島屋の8階に入っている福太郎 なんばダイニングメゾン店へ。
妻の強いリクエストでの再訪です。


飛行機が遅れてお店に着いたのは13時を回っていましたが、相変わらずの行列。
名前を書いて並んでいる間にメニューを見てオーダーを検討します。
すじねぎ焼きは決まりですが、もう一品でかなり悩みました。


45分待ちで14時前にようやく案内されました。


車の運転もない旅先ですから昼ビール。


珍しく妻も飲むというので、昼から乾杯です。


目の前の鉄板ではお好み焼きが焼かれています。
このライブパフォーマンスが見られるのもお好み焼きの楽しさ。
インバウンドの中国人観光客が激写していました。


着席して5分と待たず、お好み焼きが出てきました。
すじねぎ焼き餅チーズ玉お好み焼き
シェアしたいので
「半分ずつに切ってもらえますか?」
とお願いすると、コテで綺麗に切って鉄板に整えて出してくれました。


大阪育ちのくせに、6年前に大阪に単身赴任するまでネギ焼きを知らなった私です。


甘辛味の付いた牛すじとふんわりとした生地の組み合わせが抜群です。
35年前から大阪にあったのでしょうか。


「お好み焼きは誰が何と言っても豚玉」
と思っていた私ですが、妻の求めに応じて初めての餅チーズ玉お好み焼き


邪道だと思っていましたが、もっちりとした食感がかなりイケると初めて知りました。
年を取っても柔軟であるべきだと実感。


焼きそばも頼んでシェアしたかったのですが、晩ご飯までそんなに時間もありません。
食べ終わって外に出ると14時過ぎなのに一段と行列は延びていました。
本当は千日前の本店に妻を連れていきたいのですが、今回は荷物も多く雨も降っているのでそれも叶わず。
それは次回のお楽しみとしましょう。




関連ランキング:お好み焼き | 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅

福太郎 なんばダイニングメゾン店お好み焼き / 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5


2017年10月13日金曜日

残業帰りのフライデー。日本橋の立ち食い「よもだそば」で紅生姜天玉そばの大盛を啜る

今週は決算の追い込みで連日の残業となりました。
金曜日ですし、飲んで帰りたいところですが、明日から大阪旅行。
真っ直ぐ帰って支度をしないといけません。
そこで今日は立ち食いそば。
日本橋の立ち食いよもだそばで啜って帰ることにしました。


酔客と残業帰りの客が混在する、いかにもターミナル近くの店。
豊富なメニューの中から、今日は紅生姜天そばにしました。
生卵をトッピングします。


入口で食券を購入。


つい大盛ボタンを押してしまいました。
普段使い慣れない頭を使って腹ペコだったのです。


食券を渡してカウンターで待つこと2分。


紅生姜天そば大盛生卵トッピング


目にも鮮やかな紅生姜天の紅色。


出汁をひと口。
しっかりとした濃口が、疲れた身体に染み渡っていくのがわかります。


そばを啜ります。
ここのそばは立ち食いながらもレベルの高いもの。


天ぷらに箸を入れます。
最初はサクサクですが、時間の経過とともに天ぷらがふやけていきます。
それが天ぷらそばの醍醐味。


生卵にも箸を入れます。
卵黄が流出し、一気にそばつゆの様相が変化します。
この事態をどこまで予測して対処するかが、月見の要諦。

video

ぐずぐずしていると、そばにも天ぷらにも卵黄を絡める間もなく、一気にそばつゆに拡散してしまうのです。
今日は動画の撮影に気を取られ、百戦錬磨と自負する私も失敗を痛感。
「雲散霧消」という言葉が脳裏をよぎります。


大盛にしたおかげで、そばは食べ応えがあります。
今日はこれで十分でしょう。


雨が再び振り始めました。
明日からの大阪旅行も雨の予報です。




関連ランキング:立ち食いそば | 日本橋駅三越前駅東京駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.3