2017年9月8日金曜日

ずっと気になっていた虎ノ門桜田通りの「魚菜さくら」のランチ。女性客に人気の高CPで新規開拓は成功

ずっと前から気になっていたのですが、今日は一人ランチとなったので、新規開拓してみることにしました。
桜田通りに面した魚菜さくら


ビルの二階にあるお店。
一階の入口にメニューがかかっています。


ランチは6種類。
ご飯はおかわり自由で、小鉢のオプションもあり。


階段を上がったところがお店の入口です。


12時半を回っていましたが満席。
少し待って席が空きました。


さば塩焼き定食にしました。
おひたしをトッピングして1,000円



美味しそうな焼き色のさば塩焼き。


温泉玉子はたまご好きの私には想定外の嬉しい一品。


味噌汁。


切り干し大根の小鉢とお新香。


おひたしはオクラでした。


さば塩焼きは脂がのっています。


もちろんオン・ザ・ライスで。


温泉玉子にも手を付けます。
出汁も良い加減です。

video

腹周りが一番旨いのです。
骨まで食べてしまいます。


デザートは梨が付いていました。


13時になってもお客さんは切れません。
女性客が多いのは、美味しい魚と充実した小鉢とコスパの良さだけではなく、食後にすぐ追い出しにかからない鷹揚な接客にもよるのでしょう。
お話好きの女性客が多いのが頷ける店でした。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

魚菜さくら魚介・海鮮料理 / 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.4




2017年9月7日木曜日

ジムの後のご褒美は深川「谷やんラーメン本店」で特製ラーメン

会社帰りに木場のジムで泳いだ後、ご褒美のラーメン。
大阪時代はジムの前にカーボローディングと称してラーメンを食べていましたが、今日は順番が逆になってしまいました。
黄色いテント看板が目印の深川谷やんラーメン本店
本店と言っても支店があるわけではありません。
2015年に門仲から移転したそうです。


新潟産コシヒカリのご飯がいつでもサービス。
これは危険です。


入口の券売機で食券を購入。
ラーメンは一種類ですが、チャーシュー増量か大盛かによって四種類のチョイスがあります。


基本形の特製ラーメンにしました。


大きな寸胴鍋にはこってりとしたスープがグツグツと煮えています。
カエシを入れ、そこにスープを注ぎ、茹で上がった麺を投入。
元力士で屋台からこの店を始めたという大将は、大きな体にも関わらず無駄の無い動きで一連の動作をこなしていきます。


サービスのご飯は、迷った末に注文。
半ライスにしてもらったのが、ささやかな配慮。


九条ネギがたっぷりのったラーメンは京都の第一旭新福菜館を思い出します。


今でこそポピュラーな豚骨醤油ベースのスープ。
品よく整えず、ワイルドなままの味わい。
これはご飯が進みそうな味です。


たっぷりの九条ネギともやしの下から現れたトロトロのチャーシューは四枚。


かん水の効いた黄色味の強い中太の縮れ麺はスープとの絡みも良好。


濃厚なスープの絡んだ麺は、オン・ザ・ライスに最高です。


店主は胡椒をラーメンにかけることを推奨しています。


卓上の黒胡椒とすりゴマをたっぷり振ってみました。
パンチのあるスープと麺が、更に刺激的に感じられます。


更に食べ進むと玉子が半個出てきました。


と思ったらもう半個。
元から一個入っていたのです。
盛り付けもワイルドなのは、ちゃんこ的な感覚なのでしょうか。


更にオン・ザ・ライスを続けます。


実に旨いスープは飲み干したい衝動に駆られますが、グッとこらえて九条ネギだけをスウィープ。


今度は泳ぐ前に食べないと、カーボローディングにもならないし、ジムの後の飢えた身体がカロリーを吸収してしまうと反省した一杯でした。




関連ランキング:ラーメン | 木場駅門前仲町駅

谷やんラーメンラーメン / 木場駅門前仲町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.3


虎ノ門の昭和下町中華「三陽」で初めてのニラレバライス

今日のランチは虎ノ門の昭和下町中華三陽へ同僚たちと3人で。


ラーメンの種類が豊富なお店で、いつもそれを頼むのですが、今日はニラレバライスを注文。
中国人の店員は人が変わったようで、前の人以上にコミュニケーションが難しく、厨房からおじさんが助けに来るほどでしたが、何とか無事初めての定食ものを発注。


同僚たちのラーメンに続いて、私のランチも到着。


たっぷりの野菜とレバ。
これはヘルシー系。


ご飯を少なくしてもらうのを忘れました。


中華スープ付。


もちろんオン・ザ・ライスで。


さすがにご飯は多いので残しました。
出てきたものを全部食べないという勇気も必要です。




関連ランキング:中華料理 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

三陽中華料理 / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.4


2017年9月6日水曜日

ランチ事情の悪いビッグサイトではゆっくり座れることがせめてもの選択肢。レストラン街の「ザ・ビッグラウンジ」でタイ風グリーンカレー

今日からビッグサイトで展示会。
歩くのは平気な私ですが、ブースでお客さんを待つのは立ち疲れます。


同僚と二人で13時前に遅めのランチへ。
展示会場の中はありきたりのお店が多く、かといって外に出ても大差ありません。
この町は食事事情が悪いのです。
やむを得ず西館と東館の間、北コンコース一階にあるレストラン街へ。
ここにあるお店は、展示館内のオープンエアのお店のように落ち着かないこともなく、ゆったり座れるのです。
同じようなことを考える人は多いのですが、比較的行列の短かったザ・ビッグラウンジへ。
ロイヤル系のお店ですから、ファミレスの延長線。


メニューの値段を見て驚きです。
家賃と席料ということなでしょう。
申し訳程度のサービスでドリンクバーとスープバーが付いてます。
悩んだ末にタイ風グリーンカレーを頼みました。
1,300円


ポタージュスープはセルフサービス。


クルトンを入れて。


テーブルに座って、注文番号が書かれたブザーが鳴るのを待ちます。


ドリンクバーからはウーロン茶を取って来ました。


ところが一向にブザーが鳴りません。
もしかして気が付かなかったのかと受取口に何度も聞きに行きました。
結局ブザーが鳴ったのは20分後。
受け取った料理はまさにファミレスのそれですが、この料理を作るのに20分かかるとは思えません。


タイ風、というのが気になります。
タイではないのでしょうか。


私はルーを全部かける派なので、ドバっとかけて頂きます。


サラダもついていないので、ちょっと寂しい。


味はイナバのグリーンカレーのような感じ。


コーヒーもサーバーからセルフで。


ゆっくり座ることはできましたが、どうも釈然としないランチでした。
外に出てサイゼリヤに行くべきだった、と後悔しました。




関連ランキング:洋食 | 国際展示場正門駅有明駅国際展示場駅

ザ ビッグラウンジ洋食 / 国際展示場正門駅有明駅国際展示場駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.0