2017年8月17日木曜日

お盆休み明けの一杯は神田西口「お食事処 あい津」の生ホッピーでゆるりと社会復帰

お盆に夏休みをいただき、今日から出社。
久しぶりの仕事でちょっと疲れた私は、軽く一杯飲んで帰ることにしました。
足を向けたのは神田駅西口商店街


御食事処あい津
生ホッピーが飲める昭和居酒屋です。


昭和な雰囲気の店構え。


表に貼られた手書きメニューが何ともいい感じ。


狭い店なのであらかじめ電話してあったのですが、常連さんでカウンターは満席。
先客が空くまでテーブル席でスタンバイ。


優しい奥さんが飲物の注文を聞いてくれます。
ここでは生ホッピー


程なくカウンターのお一人がお帰りになり、私はそこへ身体を滑り込ませます。
改めてメニューを品定め。


とりあえずポテトサラダ


たちまち飲み干した生ホッピーをお替わり。


名物の鳥豆腐


鶏肉が入った湯豆腐風の料理。


良い出汁が出ています。


締めに向く料理ですが、お腹が空いたので低カロリーで腹持ちが良いものを先に食べた方がいいという考えです。


もう一杯生ホッピー
なかなか飲める店が少ないのでついついピッチが上がります。
毎回グラスが変わるのはご愛敬。


もう一品。
どうしてもたまご料理が食べたくて、名物の明太オムレツと散々悩みましたが、結局ベーコンエッグをオーダー。


黄身に箸を入れて。

video

厚切りのベーコンは濃厚な味。
黄身の甘みと実にマッチして生ホッピーも進みます。


昭和レトロな70年代BGMと、私よりも年上と思われる常連さんたちのトークに耳を傾けながら、ゆるりと社会復帰。
1時間ちょっとのサク飲みで切り上げ、駅に戻りました。





関連ランキング:居酒屋 | 神田駅新日本橋駅淡路町駅

お食事処 あい津居酒屋 / 神田駅新日本橋駅淡路町駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5


虎ノ門のうなぎと天ぷらの人気店「光村」でコスパの高い鰻重ランチ

3日間の夏休み明け、久しぶりの出社です。
東京は私が帰省中ずっと涼しかったようで、今日も過ごしやすい天気。
ランチは虎ノ門の鰻と天ぷらの人気店光村へ。


今日はまだ食べたことの無い鰻重にしてみることにしました。
1,500円を注文。


最初にお新香が出てきます。


少し待って出てきた鰻重(並)


さすがに1,500円なので、ご飯の上が全面鰻とはいきませんが、それでも小ぶりの鰻が一尾。
残りのスペースには厚切りの玉子焼きと蓮根の煮物。


山椒を振って、頂きます。


想定よりもご飯が多かったので、少な目にしてもらえば良かったです。
柔らかく、脂ののった鰻でエネルギーチャージ。
三連休を挟んで7日ぶりの会社ですが、ようやくエンジンが暖まってきました。





関連ランキング:うなぎ | 虎ノ門駅御成門駅神谷町駅

光村うなぎ / 虎ノ門駅御成門駅神谷町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5


2017年8月15日火曜日

帰省帰りの晩ご飯は、超久しぶりの「カプリチョーザ ユーカリが丘店」でスパゲティとピザをシェア

名古屋からの帰省の帰りは予想通りの渋滞。
13時過ぎに出発しましたが、雨も重なり帰宅したのは20時を回っていました。
途中で晩ご飯を食べて帰りたかったのですが、一緒に帰省したセキセイインコを早く寝かせてあげようと寄り道せずに真っ直ぐ帰宅。
地元佐倉は田舎なので外食の選択肢は豊富ではありません。
議論百出の末、ノーマークだったカプリチョーザ ユーカリが丘店に落ち着きました。


サラダとスパゲティ、ピザを頼んで4人でシェアすることにしました。
アルコール切れの私は、息子にハンドルキーパーを任せて生ビール


カプリチョーザのシーザーサラダ


イタリア産カラスミと魚介のペペロンチーノ


人気ナンバーワンの定番トマトとニンニクは取り分けサイズにしました。


お皿ではなく大きなボウルに入って出て来ました。


さすがに定番だけあって旨い。


一気にビールを飲み干し、グラスワインの白を貰います。


パッパルデッレ ポルチーニ茸とキノコのクリームソース


幅広パスタとクリームソースの組み合わせは、おっちょこちょいの私には危険。
案の定ソースを飛ばしてしまいましたが、幸い洋服にはかかりませんでした。


ピザはマルゲリータ
間違いない定番です。


唐辛子入りの辛いオリーブオイルをかけて。


ここには子供が小さい頃に一度だけ来たことがありますが、それ以来の訪問。
メニューも味もすっかり忘れていました。
私のように毎日色んなお店に食べに行くタイプは、一度しか行かないと記憶が風化していくのだろうと思いました。
もちろん、思い出すこともなく忘れていくお店が圧倒的に多いのでしょうが。




関連ランキング:パスタ | 地区センター駅ユーカリが丘駅公園駅

カプリチョーザ ユーカリが丘店パスタ / 地区センター駅ユーカリが丘駅公園駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.0


義父の新盆で名古屋に帰省。法会の後は義父が贔屓にしていた「うなぎ しら河 今池ガスビル店」でひつまぶし

義父の新盆で名古屋に帰省。
お寺での法会を済ませ、うなぎ しら河 今池ガスビル店へ。
ここは、鰻好きだった亡きお義父さんが晩年贔屓にしていたお店。
私もいろんな鰻屋に連れて行ってもらいましたが、ここは一番回数も多く、想い出深いお店です。


人気の行列店ですが、お義母さんが早めに予約しておいてくれたので待たずに入店です。
以前義父と来た覚えのある個室に案内されました。


注文はもちろんしら河のひつまぶし


一品も頼みます。
う巻肝タレ焼き
生ビールを飲みながらツマミたいところですが、今日はこれから東京まで車で帰るのでアルコールは我慢です。


息子たちも好きな、う巻と肝焼き。


程なくひつまぶしが出て来ました。


お櫃の蓋を開けると、美味しそうな照りの鰻が顔を見せます。


別オーダーの肝吸い
これは外せません。

 

名古屋名物の素晴しい鰻料理。


お櫃からお茶碗に食べる分ずつよそいます。
その都度食べ方を変えることができるのも、ひつまぶしの楽しさ。
一膳目はそのままで。


二膳目はう巻と肝焼きものせ、更に山葵も。


これ位になったところでお茶漬けにすることします。


お茶碗によそったひつまぶしに薬味で付いてきたネギと刻み海苔、山葵をのせます。


ここにたっぷりの出汁をかけてお茶漬け風にするのが、ひつまぶしの三段活用の締め。


誰が考えたのか、実に素晴しい料理。
今でこそ全国区ですが、私が名古屋に新入社員で赴任した35年前、大阪出身の私はその変わった食べ方と美味しさに大層驚いたことを思い出しました。


「お施餓鬼」(おせがき)という臨済宗の法会に初めて参加し、非常に印象に残った今年のお盆。
お義父さんがいたら、この個室で私とビールを飲みながら「あんなもん、初めて見たわ」と言っていただろうな、と思いました。




関連ランキング:うなぎ | 今池駅千種駅車道駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5