2017年6月3日土曜日

わざわざ食べに来る甲斐のある一杯。30年来の付き合い位ではまだまだ若造の大井町「中華そば 永楽」

いつでも来れると思いながら、なかなか来れないお店があるものです。
ここも、そんなお店。
大井町東小路飲食店街にある中華そば 永楽
土曜日の今日は、ランチタイムではなく夕方17時前の訪問。
ちょうどオフピークなのか、行列はありません。
妻と息子の三人で暖簾をくぐります。


2年ぶりの店内は、昔と変わらない雰囲気でホッとします。
初めてこの店を訪れたのはおよそ30年前、幼いころ大井町で育った妻に連れられて。
その妻は昨年無くなった義父に連れられて通ったと言います。


ハンドルキーパーは息子に任せて、妻とビール。
もちろん瓶しかありませんが、それが良いのです。


餃子を注文。


なんとも懐かしい昭和な餃子です。


ラーメンが出てきました。
シンプルなビジュアル。
昭和20年代の創業と聞きますが、それ以来半世紀以上このスタイル。


具材は茹でモヤシ、チャーシュー、固茹で玉子。


スープが黒く見えるのは、濃口醤油のスープだからというだけではなく、丼一面を覆う焦がしネギの色。


麺は平打ちのたまご麺。
このスタイルは渋谷の喜楽と同じ。
あちらもやはり同時期の創業ですが、当時はこのスタイルが人気だったのでしょうか。


一気に啜ります。
やっぱり美味しい。


ここで、追加の餃子も到着。


茹でモヤシとも絡めて。


昨今は半熟の味玉が定番のラーメン界にあって、愚直なまでの固茹で。
これはこれで、このラーメンには合うのです。


スープを飲みつつラーメンを啜ります。
今度いつ来るかわからないので、しっかりと味わって。


満腹です。
ごちそうさま。


カウンターには80代と思われる男性二人が、何十年ぶりに来たと大きな声で懐かしんでいます。
30年前から通っている私など、この店では若造なのでしょう。


店を出ると入口には行列が出来ていました。
今日はいいタイミングで訪れました。

永楽 そば店ラーメン / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5





関連ランキング:ラーメン | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅



2017年6月2日金曜日

知る人ぞ知る日立愛宕ビル地下の洋食「HILO」で、ずっと気になっていたカレーにトライ。ボリューム満点のメンチかつカレー

今日のランチは、新人のFさんをまだ案内していない洋食HILOへ。
日立愛宕別館の地下にひっそりと佇む昭和な洋食屋さん。
人気のハンバーグをはじめ昔懐かしい美味な洋食がラインナップ。
しかも、なかなかにボリューミーなのです。


厨房はご主人、ホールは明るく優しいお母さんが切り盛りするツーオペ。
オーダー、料理の上げ下げ、お会計とホールを担当するお母さんにかなり負荷がかかっています。
私が頼んだのは、ずっと気になっていたカレー
トッピングもとんかつチキンカツハンバーグなど選択肢が豊富ですが、今日はメンチかつにしてみました。


メンチかつカレーのライス少な目


ご飯が少な目のせいなのか、メンチかつが大きいのか、はたまたルーが多いのか、原因は不明ですがライスが全く見えません。


メンチかつの断面を確認しようと、スプーンで分け目を開きます。
ようやくそこにライスが確認できました。


もともとのルーにも肉が入っています。
味はさほど辛くない、懐かしい洋食屋さんの欧風カレー。


真っ赤な福神漬がたっぷり添えらえているのも嬉しい。


肉厚なメンチかつ。
当店人気のジャンボハンバーグと共通モジュールになっているのでしょう。
食べても食べても減らない、かなりのボリューム。
これは晩ご飯がいらないパターンです。


ふと見ると、同僚たちのランチセットに付いてくるべき味噌汁が来ていません。
ホールを取り仕切るお母さんはてんてこ舞いなのです。
そんなお母さんに申し訳ないとは思いながら、味噌汁が未着である旨申告。
食後のコーヒーのように味噌汁が出てきました。


料理の単価は全体的に1,000円前後とやや高いのですが、ボリュームと味を考えればむしろコスパは良いというのが私の判断。
小さな店内を走り回る優しいお母さんの接客も高ポイントです。




関連ランキング:洋食 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

HILO洋食 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5


2017年6月1日木曜日

高品質な肉をリーズナブルな値段で食べられるがゆえに予約困難な練馬富士見台「焼肉問屋 牛蔵」。定期開催「牛蔵の会」で今回も納得の高CP

今宵は定期的に開催されている「牛蔵の会」
高品質な肉をリーズナブルな値段で食べられるがゆえに予約困難な人気の西武富士見台焼肉問屋 牛蔵を、出向元の同僚K君が毎回見事に手配してくれるのです。


今日はテーブル4つ、なんと30人の大宴会。
初めてお会いする人、以前お会いした事のある人など様々な出会いも楽しみのひとつです。
19時からの2時間一本勝負。
我々の前の17時からのお客さんが続々と退店していきます。


K君の名幹事っぷりは、予約だけでなく、料理のオーダーや組み立てまで差配してくれること。
既にテーブルには全員分のモヤシナムルまでもがセットされています。


戦いの前の静寂。


生ビールで乾杯!


まずはこのモヤシナムルから着手します。


今日はひとり一人前。
分ける必要がないので、自由自在。

video

黄身を崩して、全体に絡めます。


ナムルのごま油の味と卵黄の甘みが実に合う一品。


これも名物のザク切り生キャベツ&和牛みそ


キャベツに包んでいただきます。
焼肉の合間に食べると、丁度良い口直し。


いきなりの黒毛和牛100%ハンバーグ
幹事のK君の新たなオーダー手法でしょうか。
ホイルの包焼を鉄板の上で温めること5分。


二人で一つのハンバーグをシェア。
これはライスが欲しくなります。


私の友人のOさんがご飯の大盛を発注し、オン・ザ・ライスしたのを撮影。
私は炭水化物ダイエットのため、見るだけに留めました。


今日は果たして、この珠玉のメニューの中から、いったい何がチョイスされて、どんな順番で出てくるのか、K君の名仕切りに期待が膨らみます。


最初は特上タン塩から。


厚切りで食べ応えがあります。


ドリンクはメガ角ハイボールにチェンジ。
お代わりももどかしく、初めっからメガで。


薄切りカルビ
このビューティフルなプレートに、一同から歓声が起こります。


これはタレで。
口の中で蕩けるよう。


ここで幹事のK君が人数分の生卵を発注。


かめのこ
モモの中の希少部位。


薄切りになっています。


これを先ほどの生卵にくぐらせて、すき焼き風に食べると抜群に旨いのです。

video

続いてはかいのみ


バラの旨みとヒレの柔らかさがミックスしたような食味の部位。


コンロごとに肉を囲んで会話も弾み、酒も食も進みます。
実に楽しく、美味しい。


はばき
上ロースです。


持ち込みのマイ醤油と山葵が配布されました。


私はここでアルコールをプレーン酎ハイに変更。
メニューに無いのでホール係のお嬢さんとの意思疎通が困難でしたが、「焼酎の炭酸割り」ということでようやく厨房にも伝わりました。


隣のコンロのグループが頼んでいたデキャンタの赤ワインにも手を伸ばします。


ここで、隣のOさんが、温存していたデミグラスソースを活用。
焼肉オン・ザ・ライスにデミグラスソースと生卵の合いがけという大技を繰り出します。

video

最後はざぶとん
サシの美しい肩ロースの中の希少部位。


網にのせて焼いていきます。
コンロを囲む4人のメンバーの呼吸も、いつしかぴったりと合うようになりました。

video

上品な肉質。
これも生卵につけていただきます。


最後に余った生卵は、もったいないので、肉味噌を入れて飲み干しました。


ラストオーダーのコール。
2時間厳守、21時には退去しなければなりませんので、ホール係の可愛いお嬢さんも、この時ばかりは容赦ありません。
私は、もう一杯プレーン酎ハイを注文。


最後は冷麺で締め。
もちろん一人前は食べられないのでシェア。


21時前に会計を終了し、お店を出ました。
今日は19時からの「牛蔵の会」でしたので、千葉に住む私も余裕で帰れます。
気になるお会計はテーブルごとの割り勘でしたが、@6,000円でお釣りが来るお値段。
次回が今から楽しみです。





関連ランキング:焼肉 | 富士見台駅中村橋駅

焼肉問屋 牛蔵焼肉 / 富士見台駅中村橋駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5