2017年10月9日月曜日

サイクリング帰りのランチでお気に入りの勝田台「中華ソバ 篤々」へ。裏ニボは売り切れだったものの、定番の煮干しソバとあえ玉で満腹満足

今日は愛車cannondale R-700の乗り納め。
再来週には新車cannondale SYNAPSEが納車されるのです。
私と一緒に房総半島を縦横無尽に走ってくれた相棒に跨り、穏やかな天気の下、幕張へとハンドルを向けます。


新川はいつものようにゆるやかな流れ。
春のような陽気のせいか、釣り糸を垂れる太公望たちも多いようです。


花見川の美しい渓谷美。


ダートも気持ちいい。


検見川浜に着きました。
ウインドサーフィンや海辺遊びを楽しむ人たちを見ながらしばし休憩。


来た道を戻り、サイクリングロードから離れて勝田台へ。
今日のサイクリングランチは煮干しラーメンの人気店中華ソバ 篤々
先客はひと組。
祝日の月曜日は営業しているのですが、意外と知られていないのか狙い目です。


今日は何としても裏ニボを食べたいところですが、もう12時半。
数量限定なので売り切れているかもしれません。


名前を呼ばれて店内へ。
やはり限定の裏ニボは売り切れていました。
残念無念。


やむを得ませんが、気を取り直して定番の煮干しソバ煮玉子を購入。
今日は裏ニボが食べられなかった無念をあえ玉で晴らすことにします。


あえ玉とは味付替玉のこと。
博多ラーメンの替玉とは異なり、そのままでも食べられる味付やトッピングが施されています。


店主が
「今日も裏ニボ狙いだったんですか」
と言いながら蕎麦猪口に入ったスープを差し出しました。
わずかに残ったスープを味わわせてくれました。
店主の心遣いに感謝するとともに、今度こそは裏ニボが食べたいという思いが募ります。


ふと見ると見知った顔がカウンターの向こうに見えました。
なんと次男が同僚と食べに来ていたのです。
後で聞いたら、最後の二食の裏ニボを彼らが攫っていったことがわかりました。
程なく出てきた煮干しソバ煮玉子トッピング


レアチャーシュー、お麩、半熟煮玉子。
全ての仕事が丁寧です。


まずはスープをひと口。
濃厚な煮干しの風味ながらもクリアな味わい。
相変わらずレベルが高いです。


麺は固めにしてもらいました。
喉越しも良く、煮干しスープとの相性も抜群です。


時間の経過とともに色が変化するレアなチャーシュー。


さすがに行列が出来るだけあって、麺もスープもトータルバランスが実に優れています。


あっさり麺を平らげました。
ここであえ麺を発注します。


わかってはいましたが、結構な量。
せっかく走って消費したカロリーがチャラになりそうです。


しっかりと混ぜ合わせます。

video

まずはそのままひと口。
タレの味と油の風味が効いています。


そこへ煮玉子を投入し、箸で割ります。

video

絶妙な半熟。
チャーシューものせて、あえ麺で二杯目を楽しみます。


あえ麺は結構な量。
この店はひと玉でもかなり多いのです。
半分ほど食べたあえ麺を、スープを残しておいた丼に移します。


濃厚な煮干しスープがあえ麺のタレと混ざり合い、パンチの効いた味わいに変化。


更に味変を試みます。
卓上の自家製柚子酢を少し入れると、こんどはさっぱりとした味わいに。


完食、完飲。
自転車で汗をかいたので塩分補給、という言い訳にしておきましょう。


食べ終わって外に出るとなんと10人ほどの行列が。
13時過ぎなら空いているかと思って、遅めに来た人たちでしょうか。
今日はほとんど待たずに食べられてラッキーでした。




関連ランキング:ラーメン | 勝田台駅東葉勝田台駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5