2018年1月19日金曜日

ランチは再開発が進む虎ノ門新駅近くの割烹「美村」でさば塩焼定食。エリア屈指の魚定食の店

お気に入りの割烹花たろうが年末で店を閉めてしまい、美味しい魚ランチの店の選択肢が狭まりました。
そんな中、わたし的には上位にランク付けている割烹美村に、まだ連れて行っていない同僚を交えて訪問しました。
再開発が進む虎ノ門新駅近くの昭和なペンシルビル。
周囲は全て降り壊され、そのビルは囲いで覆われています。


そんなビルの一階にある美村
ランチは焼魚と煮魚を供する魚定食の店。
近隣のサラリーマンに人気の行列店です。


少し待った後、奥のテーブル席へ案内されました。
テーブルには基本のセットが用意されています。
私はさば塩焼定食を頼みました。


魚が用意できる頃合いにご飯と味噌汁も一緒に出てきます。


デフォルトでついてくる生卵は冷奴か納豆に変更可能ですが、私は滅多に変えたことがありません。
たまごが大好きだからです。


実に正しいサラリーマンランチ。
ご飯はもっと大盛なのですが、少なくしてもらいました。


さばは半身。
ひっくり帰して、身をほぐします。
ランチタイムの回転効率を考えて、焼魚は全て焼き置きなのですが、仕事が上手なのでそれを感じさせない仕上がりです。


もちろんオン・ザ・ライス。
大根おろしも一緒に。


生卵は中盤にご飯にドロップイン。


粗めに攪拌するのが私流。


もちろんTKGにもサバ塩焼きをオン・ザ・ライス。


満足、納得のランチ。
魚ランチの好きな私としては、再開発の波に負けずに残って欲しいお店です。




関連ランキング:和食(その他) | 虎ノ門駅神谷町駅御成門駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5