2017年2月17日金曜日

虎ノ門の人気店「香港麺 新記」で香港麺ランチ。暖かい陽気で今年初の汗だく

新橋勤務時代に夜の宴会で来たことがある香港麺 新記 虎ノ門店
意外と今の勤め先から近いことを知り、同僚を誘ってランチに訪れました。


行列の人気店ですが、12時半を回っていたので待たずに入店。


春一番が吹く東京。
気温も上がってポカポカ陽気。
大きな提灯は激しく揺れています。


曜日ごとの日替わりメニュー。


定番のランチセットメニュー。
ワンタンつみれ麺と牛バラ飯のBセットにしました。
もちろん極細の香港麺をチョイス。


同僚二人が頼んだ汁なし麺が出てきてから、かなり時間が経ちました。
私より後から来たお客さんの料理が出てきたので、さすがに催促。
すると一分ほどで出てきました。
あまりにも早いので、他のお客さんのものを回したのかもしれません。


牛バラ飯。


ワンタンつみれ麺。
揚げパンも入っています。


スープをひと口。
薄口の塩味。
中華らしい香味とコクもあって美味しい。


ここに来たら絶対香港麺。
腰のある極細麺は独特の食感。


つみれとワンタンがゴロゴロと入っています。
これまた旨い。


牛バラは濃い目の味付けで、白いご飯が進みます。


もちろんラーメンをオン・ザ・ライスしないわけにはいきません。


香港麺は結構なボリューム。
最初は軽くいけると思っていましたが、意外と手こずります。
先に食べ終わった同僚を待たせては悪いと、焦って食べ進みますが、今日の気温では汁そばは選択ミスだったかもしれません。
汗だくになってきました。


とかなんとか言いながら、完食完飲。


杏仁豆腐のデザート付き。


出てくるのが遅く、ちょっと時間がかかったランチとなりましたが、久しぶりのこの店の香港麺はやっぱり美味。
次回は汁なし麺にしましょう。




関連ランキング:中華料理 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



2017年2月16日木曜日

上野御徒町ガード下でセンベロハシゴ③ ガード下の奥の奥。台湾料理「新東洋」のローメンで締めくくる

今宵は浮き草のような行き当たりばったりのセンベロハシゴ。
二軒連続立ち飲みだったので、締めは座りたい気分。


上野御徒町ガード下は線路の本数が多いので、かなり幅が広くなっています。
大阪駅の新梅田食道街を思い出す造り。


薄暗いガード下に看板がポツンと。
台湾小菜新東洋


そこに看板が無ければ、そんなガード下の奥の奥に店があるとはわかりません。


狭い通路の二階。
一階は別の店。


階段を上がると新東洋


締めのラーメンが目当てなのですが、まずはウイスキーハイボールで仕上げ。


宴会で賑わう店内ですが、私はひとり酒。


少しつまみましょう。


思えば今日は全く野菜が摂れていません。
危機感を感じて胡瓜とニンニクの和えを頼みました。


さっぱりしつつも、ニンニクの刺激的な味が酒のツマミにぴったり。


締めのラーメンの前にもう一杯。
酎ハイを舐めながら、ゆっくりと仕上げます。


締めの炭水化物は悪魔の囁き。


数ある選択肢の中から、選んだのはローメン


今日はこの店で締めよう、と思った時から実はローメンと決めていたのです。


粗目に溶いた半熟卵がいい感じ。


ローメンと言えばスープの強烈な粘りが特徴。


片栗粉が入った粘度の高いスープの抵抗力で、麺をリフトすることもままなりません。


ここまで持ち上げると、腱鞘炎の危険すら感じます。


ローメンの面白いところは、食べ進むうちにスープがサラサラになること。
箸についた唾液の成分が片栗粉の粘性を分解する、という化学の話。
大阪福島の末広亭以来の体験です。


サラサラになると、不思議と味も変化して旨味も増す感じがするから不思議です。
そうした味や食感の変化もローメンの面白さ。


大阪転勤前はよく遊んだ上野御徒町。
選択肢も多く、奥が深い街だと再認識。
また近いうちに飲みに来てみようと思いました。




関連ランキング:台湾料理 | 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



上野御徒町ガード下でセンベロハシゴ② 熱々鉄板焼き料理が食べられる立ち飲み「ふぶき」でホッピーとカキバター

立ち飲み味の笛を出て、アメ横へと向かいます。
今日は上野御徒町のガード下尽くしで攻めることに決めたのです。


二軒目はふぶき


「海の幸と鉄板焼き」と謳う立ち飲み店。
この店はお初です。


10人ほどのカウンターと小さなボックス席が二つ。
立ち飲みと言いながら、座り飲みも出来る店。


もちろんホッピー


セルフ乾杯。


鉄板焼きのいい香りが店内に。
俄然食欲が湧いてきました。
とはいえ一人飲みですから、ツマミの選択は慎重にしなければなりません。


カキバター


ようやく自分のペースを取り戻しました。


牡蠣は大好物。
小粒ながらもプリプリとした牡蠣。
濃厚な味わいがバターの風味と抜群の相性。
ネギのシャキシャキ感も楽しい。


ナカをお代わり。
かなり濃いめです。

頭上の鉄路の響きがなんともいい雰囲気を醸し出しています。
ひと気がつけば、コートは着たまま。
今日はずっと立ちっぱなしです。


もう一品頼みます。
たまご好きの私を悩ませる2品、ハムエッグ出し巻オムレツから悩みに悩んだ末にオムレツに決定。


絶妙なフワトロ。
オムレツですが、味付けは出し巻。
鉄板でサッと焼いて、すぐ出てきます。


立ち飲みとは侮れない店を二軒連続でハシゴ。
お会計は1,320円
この後は、久しぶりに懐かしい店で締めてみようと思います。




関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 御徒町駅上野御徒町駅仲御徒町駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村