2017年3月16日木曜日

西新橋のユニークな創作蕎麦「肉そば ごん」で2シビにラー油と黒七味を追い掛け

今日は昨日と打って変わって暖かい日差し。
ようやく春もそこまで来たようです。
陽気も良いので、ランチはちょっと歩いて肉そば ごんへ。


店名からはラーメン系を想像しますが、日本蕎麦ベースのユニークな創作料理の店。
すぐ近くの港屋ほどではありませんが、創作蕎麦の人気の行列店です。


今日はシビレまぜそばにしました。


12時半を回っていますが、店内は満員です。
同僚たちとはカウンターとテーブル席に分かれての案内となりました。
今日は辛さのランクを「かなりシビれます」という2シビを選択。
デフォルト大盛なのですが、更に大盛にしました。
これは追加料金不要。
ご飯ではないから大盛でもいいかな、と甘い考えです。


しばらくして出てきたシビレまぜそば。


真ん中にピリ辛の肉味噌、その上に卵黄がのっています。
ネギと刻み海苔がたっぷり。


卵黄が初めから割れていたのは、たまご好きの私には超ショック。


追いめしと当店では呼ばれる、締め用の一口ライスが付いてきます。


刻み海苔の上には魚粉。


底からしっかりと混ぜ合わせます。


まずはそのままデフォルトで。
2シビは私にとってはさほどでもありません。


そこで卓上のラー油と黒七味を加えて辛さを増します。
天かすもたっぷりと。


再び混ぜ合わせて。
今度はパンチが効いてきました。


最後に残った肉味噌に追いめしを投入。


これも混ぜて頂きます。
ユニークな締め。


たまに食べたくなる中毒性の高い創作料理。
次回は未食のつけそばにチャレンジしてみましょう。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

肉そば ごんそば(蕎麦) / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5