2017年3月12日日曜日

千葉駅近くの人気店「七星」で濃厚鶏そばを啜る日曜ランチ。評判通り納得のクオリティで再訪必至

20日で閉店する三越千葉店にお買い物。
バーゲンなので、かなりの目玉商品が並んでいるのです。
その前に腹ごしらえのランチ。
千葉駅近くで評判の人気店、鶏そば七星(ななせ)へ。
今日は先客3名と、行列もすぐに無くなる短さでツイていました。


鶏白湯一本。
塩か醤油、濃厚か淡麗、つけ麺という選択肢。


順番が来る前に食券を購入するシステム。


定番の濃厚鶏そば(塩)味玉にしました。


10分待ちで入店は短い方でしょう。
L字カウンターだけの小さな店。
店内は厨房の清掃も行き届いて清潔なので、期待が高まります。

カウンターにお盆が置かれます。
箸置きも鶏なのが可愛い。


鶏白湯のスープには淡麗というものもあって、かなり気になったのですが、初訪問なので濃厚にしたのです。


5分ほど待ってラーメンが出てきました。
実に美味しそうなビジュアルです。


水菜、揚げネギ、生の玉ねぎがのっています。


チャーシューはもちろん鶏肉。


トッピングの味玉は、テボで湯にくぐらせてからという細かな仕事に好感度大。


頂きます。


まずはスープをひと口。
濃厚ながらも臭みのない鳥白湯。
これは旨い。


麺は並盛りでも結構多い150g。
やや中太の麺は濃厚なスープとの相性も良好。


柔らかい鶏チャーシュー。
鶏白湯には、やっぱりこれ。


野菜も絡めて。
スープがしっかりと熱く、粘土が高いこともあってなかなか冷めません。
ラーメンでは見過ごされがちな、大事な要素です。


穂先メンマというのも憎い。


味玉はやや固め。
濃厚な鶏白湯とは親子丼的な関係です。


卓上には胡椒、七味とともに生姜と山葵が置いてあります。


まずは生姜を試してみました。
濃厚なスープが、さっぱりとした味に変化。


次に山葵。
かなりレベルの高い生わさびのすりおろし。
辛さよりも山葵そのものの風味がしっかりとあるので、これは合います。
ラーメンに山葵、以外なマリアージュです。


スープはもちろん完飲。


気になっていた店ですが、初訪問で大満足。
次回は淡麗にしようか、それとも濃厚(醤油)にしようかと今から悩みます。




関連ランキング:ラーメン | 新千葉駅千葉駅京成千葉駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5