2012年2月25日土曜日

大阪天満宮裏の「亀の池 浪速」で独自の関西風鰻を食す


ずっと来てみたかった鰻屋です。
日曜日だけでなく、土曜日も隔週で休みのため中々タイミングが合いませんでした。
店の名前は亀の池 浪速

この日は電話で営業を確認して訪問。
店名にもなっている亀の池とは天満宮の北門を出た所にある星合池の別名。





参拝客も途切れた18時頃とあって店内は私だけ。
うな重をください」とお願いしたところ奥さんが細かく説明を始めました。
鰻の量に応じてお値段が変わるようです。
私は2,400円の三切というものにしました。
一番高い2,850円のうな重が一本付となっていて、三切というのはその三分の二になるそうです。


「今から焼きますので少々お時間をください」と奥さんがおっしゃるので肝焼き日本酒をもらいました。


串から外して小鉢に入って出てきました。
割と淡白なタレの味。
山椒をたっぷりかけて、熱燗を舐めながらいただきます。
時間がゆっくりと流れていきます。


20分ちょっとでうな重が出てきました。


美しい照りと焦げ目。
タレは甘みを押さえた深みのある味わい。
ご飯もアツアツです。


お新香


肝吸いの肝が大きくて嬉しい。


この店は関西風とはいえ、一般的に知られる方法とは少し異なる焼き方だそうです。
腹開きではなく背開き、直焼きですが素焼きの段階でお湯をかけて脂を少し落とすのです。
それゆえ、関西風の独特の堅さやカリカリ感、脂の濃さなどはさほど感じないものの、関東風のフワッとしてさっぱりとした鰻に絡むに甘辛タレとも一線を画すこの店独自の鰻となっています。
厨房を仕切る青年は、先代から引き継いだ息子さんでしょうか。


ランチもビールと大盛の生じょうゆ讃岐うどん。
すっかりお腹一杯、ほろ酔い気分で店を後にして天神橋筋商店街へと足を向けました。




関連ランキング:うなぎ | 大阪天満宮駅南森町駅なにわ橋駅


↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

亀の池 浪速うなぎ / 大阪天満宮駅南森町駅なにわ橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

雨の休日にプラネタリウム。ランチは「江戸堀 木田 讃岐うどん」で昼ビールと絶品生じょうゆを


朝から冷たい雨。
せっかくの休日なのでどこかに出かけたいと思い、かねてから評判を聞いていた大阪市立科学館プラネタリウムを見に行くことにしました。

再開発が活発な中之島の一角にある立派な施設。


オーロラをテーマにした10時からの上映を楽しみ、科学館を後に向かったのは江戸堀 木田  讃岐うどん

実はこちらが本日の主目的。
筑前橋を渡って土佐堀通へ。
路地を入ると奥まった所に風情のある木造の店がありました。
普段は行列のできる人気店だそうです。


暖簾をくぐって店に入るとカウンター二つだけの小さな店内。
11時の開店から程ない時間でしたのでまだ空席があり厨房の前に陣取りました。


目の前におでんの鍋がありました。
実に美味しそう。


急遽方針を変更し昼ビール


おでんもついついいっぱい頼んでしまいました。
牛すじ厚揚玉子大根
なかなか出てこないと思ったら、丁寧に包丁を入れて盛り付け、味噌ダレがかかって出てきました。
こだわりを感じます。



メニューに並ぶ魅力的なうどんのラインナップにかなり迷いましたが、昨日から決めていた生じょうゆで初志貫徹。
うどんの実力が最もわかるシンプルな一品。
もちろん大盛です。
サイドオーダーで半熟玉子とちくわの天ぷらかやくごはんもつけちゃいました。


ちょうどうどんが無くなり目の前で製麺。


釜茹でなう。


まず薬味がカウンターの上に置かれます。


半熟玉子とちくわの天ぷらも揚げたてが出来ました。
準備万端。


ここで店主登場。
口上と共に生じょうゆを仕上げていきます。
ライブパフォーマンス。
「写真撮っていいですか?」と伺うと「男前に撮ってくださいね」と大阪ノリの返し。

うどんに垂直におろしねぎをのせ、その上からすだちを絞ります。


「お醤油は一、二、三回かけまわし!混ぜんと食べてくださいね!
この口上は梅田はがくれでも聞きました。
一連のパフォーマンスはこだわりを押し付けがましくなくお客さんにオススメする浪速スタイルなのでしょうか。


美しすぎる。。。


美白な讃岐うどんおろしねぎのコントラスト。


店主の指導に従い混ぜずに頂きます。



大好物、アツアツのちくわ天
これほどうどんに合う天ぷらはありません。


大阪らしいサイドディッシュかやくごはん
炭水化物with炭水化物です。
十品目という具沢山が嬉しい限り。
写真を撮る前にちょっと食べてしまいました。


半熟玉子の天ぷらにはお醤油をかけて頂きます。



器にこぼれた黄身はこうやってうどんに絡めてきれいに食べます。
もったいないですからね。


昼間からおでんをつまみにビールを飲み、絶品の讃岐うどん天ぷらを愉しめた土曜日のランチ。
会社からもランチ圏内の素晴らしい店を見つけた幸せな気持ちで店を後にしました。




関連ランキング:うどん | 肥後橋駅渡辺橋駅中之島駅


↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


2012年2月23日木曜日

時間も無いし雨だけど外で食べたい!会社近くの「旬家 和しん」で和食ランチ

今日の大阪は昨夜からの雨が降り続いています。
13時からの会議で早めに会社に戻らなくてはならず、かといって社食も淋しいので会社から近い小料理の店旬家 和しんに向かいました。


一人でしたのでカウンター席に案内されました。


メニューはこんな感じ。



私は寒ぶりの照り焼きとだし巻、揚げ出しのセットにしました。
900円。

ご飯は大・中・小から選べます。


艶のある寒ぶりの照り焼き
私の大好物だし巻も選択の決め手。


揚げ出し茄子豆腐
バクっと食べて舌をヤケドしてしまいました。


味噌汁小鉢お新香


卓上には粉鰹のふりかけ。



12時前にお店に入ったのでスムーズに着席。
ご飯を食べて25分後には席に戻れました。
もち豚を頼んでいる人が多かったので、人気メニューなのかな。
今度はそれにしてみよう。




関連ランキング:割烹・小料理 | 渡辺橋駅北新地駅西梅田駅


↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ