2012年2月4日土曜日

引越し以来気になっていた天一の下町中華「尼珉珉」で餃子と天津飯


匂う、ということがあります。

私のB級感性のアンテナに触れる、というんでしょうか。
ここは来なければ、と決めていた約束の地

それが天一(天神橋筋一丁目商店街)尼珉珉

この店構え。
匂う、という意味がおわかりいただけるでしょうか。


店内はカウンター8席。
猛烈に狭い店。
メニューは典型的な町場の中華屋。
完璧なB級度。


テレビ漫画ポスター
まさに役者は揃った、という所。
漫画を読む客が一人、常連らしい三人連れ(男性二人女性一人)はキープした焼酎の一升瓶でメートルをあげています。


ビールは瓶。
その方がさらにいい感じ。


餃子!


絶妙の焼き色。


餡は野菜たっぷりで意外とあっさり目の味。
これは二人前イケるな。

ペロリ。
お皿には屋号。


野菜炒め
一人暮らしだから野菜を摂らないと。


ちょっと食べ過ぎかな、と思ったけどこれが今日のもう一つの目的。
天津飯


東京の天津飯は餡がケチャップ味。
初めて東京で食べた時に違う料理が出てきたかと驚きました。
泣きたくなるほど不味かった。
東京では餃子の王将以外食べることのできない塩ダレ天津飯
これでなきゃ!


この人が店主。
創業50年。二代目ですが娘婿。
色々聞いちゃいました。

撮影・掲載許可済み

下町の庶民的なお店。
実は三人連れは皆このお店で知り合ったのだとか。
一人残った女性客「竹ちゃん」と店主「珉珉」と三人で色んな話で盛り上がりました。
先に帰った男性二人のうち一人は天満宮の前でショットバーを経営しているとか。
こんなところで人脈拡大。
すっかり私も仲良くなり、店主から「今度は遅めに来てくださいよ。お店を閉めたら皆で一緒に飲みに行きましょう」とお誘いを受けました。

今日は大阪弁上手に喋れたかな。



関連ランキング:中華料理 | 大阪天満宮駅南森町駅北浜駅


↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


天満のスパゲティ屋「シレーナ」でメランザーネ大盛。アットホームな雰囲気が気持ちいい

天満界隈で最も評判のラーメン群青に行った所大行列。
この寒さで待つのもなぁ、と方針転換。

同じ麺ですがスパゲティにチェンジ。

元スタッフのKさんに紹介してもらったお店。
スパゲティがおいしいと評判だそうで、ボリュームもあるとか。
桂三枝スペシャルなるメニューもあるそうです。

天満市場の北、ディープな屋台飲み屋が並ぶ一角にイタリア国旗。




これが三枝スペシャル!


以前は西天満にあったとかで、まだ内装は新しいです。


三枝師匠


メニューは魅力的なラインナップ。
どれにしようか迷ってしまいますが、一番人気のメランザーネにしました。
ランチタイムはスパゲティ100円引き、しかも大盛り無料。
当然大盛でお願いしました。


サラダ、と思ったらコールスロー
あっさり目の味付けでおいしい。


メランザーネ大盛登場。


ナスとベーコンのトマトソースでチーズがのっています。


パクっと食べたら熱かった!
アツアツのアルデンテ。
いい仕事してます。



卓上にはタバスコが三種類。
左から辛い順。
激辛もありますが、私は大辛で。



パルメザンはお願いすると出てきました。



遅めに行ったのですんなりと座ってゆっくり頂きました。
女性お一人様や家族連れが多かったです。

厨房のご夫婦が仲睦まじくスパゲティを作る姿は微笑ましくあります。


お会計を済ませるとお母さんが大きな声で「どうもありがとうございました。またお越しください」と見送ってくれました。
明るいお母さんの心のこもった一言で料理の後味が一段と良くなりました。



↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

シレーナイタリアン / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


2012年2月3日金曜日

ディープ天満は古くて新しい。焼鳥「わっちょい」~ワインバー「angklung」二軒ハシゴ



10年来の知り合いである関西支社の後輩F君と転勤後初めての飲み会。
場所は天満
私の住んでいる町ですが、F君も時々遊びに来るそうです。

JR天満駅の北、天満市場周辺は元々は古い立ち飲み屋や居酒屋が密集するエリアなのですが、近年新店ラッシュで若者向けの立ち飲みワインバーイタリアンスペインバルなどが出来てユニークな屋台スタイルの飲み屋が軒を連ねる人気のスポットになっています。
そんな古くて新しい天満の町をぶらり。



成り行きで入った店は、近所に焼肉店を出しているわっちょいの姉妹店天満炭火焼鳥わっちょい
なんと三日前にプレオープンしたばかりで、正式オープンはまだという出来立てホヤホヤの新店です。



とりあえず生ビール


セットの生キャベツ


ポテトフライ


焼鳥はおまかせにしました。

ささみから。
超レア。


プリプリしたぼんじり


手羽先





七味は黒。


お酒は焼酎のロックに切り替え。
黒霧島


砂肝レバ



シンノシタ
心臓の下部だそうです。



野菜を追加。
タマネギアスパラ



店主とお話ししていると、なんと奥はワインバーになっているとか。


同じお店でもガラリと雰囲気が違います。


もう一軒行こう、ということになりF君の案内で天神橋筋を渡り、中崎町方面へと歩き出しました。




関連ランキング:焼き鳥 | 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅


わっちょい焼き鳥 / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2




F君は中崎町通商店街の少し北を西に入ります。
完全な住宅街。
その先に少し灯りが。


どうみても民家。
看板もありません。
教えてもらわなければ絶対わからない店。


 ドアは二重になっていて、内側はこんなドアに。


カウンターの奥にはびっしりとワイン。


二階はソファがあるそうですが、酔っ払ったら帰りは足元がちょっと怖いですね。



もちろん好きな銘柄も選べるのですが、日替わりのサービスワインはこの三本から。



節分だったので豆がおつまみ。


これが店名angklungの由来、アンクルン
インドネシアの打楽器です。
内装も店主の好きなインドネシアテイスト。


お代わりは銘柄を変えて。
私はワインは詳しくありませんが、おいしければそれで満足。


小さな店なのに料理は豊富。
店主は我々が飲んでいる間もずっと料理の仕込みをしていました。


この方が店主。
とてもチャーミングな方です。
元々OLだったそうですが、ワインと料理が好きで会社をやめて自分が大好きなワインバーに募集もないのに飛び込みで弟子入り修行したという積極性に感心。
このお店は2周年を迎えたそうです。

フェイスブックをやっているというので早速お友達に。


キビナゴのコンフィ
関西らしい食材。


人に教えたくない、でもちょっと自慢したい、そんな素敵なお店でした。


隣の席にいらした方は大阪から東京へ転勤になったとか。
本社に出張で行きつけのこちらにいらっしゃったそうです。
お互いの転勤生活の苦労話をシェア。

ゆるりとした時間の中で一週間の緊張と疲れがじんわりと溶けていきました。



関連ランキング:ワインバー | 天神橋筋六丁目駅天満駅中崎町駅


↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

あんくるんワインバー / 天神橋筋六丁目駅天満駅中崎町駅

夜総合点★★★★ 4.0